地方空港の活性化と空港サービスの向上について

数年前には、訪日外国人旅行者の数の受け入れは都市部の代表的な空港に大きな偏りがり、地方空港への入国者数は増加傾向にあったものの、現状では落ち着いている状況にあるそうです。

そこで関係省庁では地方空港におけるLCCなどの国際線の就航を加速させる取り組みの実施をすることにしたそうです。

これは、地方空港へLCCをはじめとした国際線の就航を推進し、高いレベルで誘客の取り組みを行う空港の認定を行い、着陸料の割引や補助をはじめとした支援を行い、新規就航、増便を狙い、活性化を目指すものです。

また、空港は外国人旅行者にとって、最初に日本を感じる場所であり航空機の着陸から最初の目的地に向かうまでいかにスムーズに旅行客を誘導するかが求められています。
また、空港内で過ごす時間をいかに快適且つ楽しいものにするかということに対する工夫も必要であるとのことです。
政府の計画手は、空港における入国審査の待ち時間をニ十分以内にするために多くの施策を講じることにしています。

政府の関係機関では、外国人観光案内所に関しての認定制度も開始しており、サービスのクオリティ維持のためにカテゴリーを分けて認定をしているそうです。

主要な国際空港や首都圏のターミナル駅においては常時英語と英語以外の言語での対応可能な案内所が設置されているそうですが、地方空港の国際便が就航している空港では、まだ十分な対応がなされていないようで、今後の対応が急がれているそうです。

アジア諸国からの旅行客を特に多く受け入れている日本にとっては、イスラム教徒に対する配慮が非常に重要になっているそうです。
主要な国際空港においてはすでに礼拝室が設置されており、今後も様々な宗教や生活習慣に対する対応は必要になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です