外国人観光客の出入国に関する措置の改善について

外国人観光客の入国を促進していくためには、ビザの発給条件の緩和が大きな景気の一つとなります。

近年の外国人旅行客の増加は、アジアの国や地域へのビザの発給条件の緩和が大きく役立ったとのことです。
とりわけ中国人に対する観光ビザ発給条件の緩和については添乗員の同行と両者の人数の下限と上限を定めた団体観光査証の発給に始まり、一定の経済力を有する家族に対する家族観光査証、個人観光査証の発給と数年にわたって段階的な規制緩和が行われていったそうです。

現在では中国全土の公館でビザの申請の受付がされており、一部学生に対するビザの申請は簡素化されているなど、日本を訪問に対するハードルが一気に下がったといえるかと思います。

また、中国人の所得の増加も相まって日本訪問の際に家電製品や化粧品や医薬品などの消耗品の大量購入がなされ、輸出物品の販売といった面でも
大きな効果を生んだといえるかと思います。

また、現在67の国と地域に対してはビザの免除の措置が取られており、国によって15日または90日
の期間ビザの取得なく上陸許可が得られる状況となっています。

政府がプロモーション事業を行う際の重点地域が現在二十の国と地域が設定されていますが、その一部の国では訪日ビザが必要な状況なため、さらなる規制の緩和が進められていくそうです。

また、入国審査の際の待ち時間をニ十分以内を目指し、個人の識別情報を前倒しで取得する技術や事前確認の早期実現、すべての出入国客の予約記録や、旅客情報の収集・分析活用の強化、日本人の出入国の際の顔認識技術を利用したゲートの導入や先進的な保安検査機器の導入など日本ならではの世界最高峰の技術を活用していくことが期待されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です