新たな消費志向が本格化する

そして、こう声を掛けられました。「爆買いはもう終わっちゃうのですか?」「爆買いはいつまで続くのですか?」「今これだけ爆買いが盛り上がっているのに、もう『爆買い後』の話をするのですか?」「これから、中国人観光客は日本に来なくなるのですか?」私の答えは「NO」です。まだまだ、日本には観光地としての底力があります。中国人観光客はこれからも、もっと日本にやって来るでしょう。しかし、そう自信をもって語るためには、論理的に説明することが必要だったのです。私の信条は、一人のジャーナリストとして、常に現場で生の声を拾い、取材したファクト(事実)を積み上げて書くことにあると思っています。観光や旅行業界を専門とするコンサルタントや「インバウンドの専門家」ではありませんが、多くの訪日中国人観光客や、中国に住む中国人たちに取材しているうちに、「爆買い後」の彼らの動向が、自然と手に取るようにわかってきたと言えるのです。そこで、「今は爆買いという現象がこんなに騒がれているけれど、彼らの言動から分析すると、きっと近い将来、こういう方向に進んでいくのでは?」と思い、中国人インバウンド消費の行方を占う前著を出版した、というわけです。前著の「まえがき」に、私はこう書きました。日本人よりもはるかに速いスピードで生きている中国人の「爆買いの中身」は相当変化していくだろうが、ひとたび「豊かな暮らし」へと舵を切った彼らの気持ちは止められず、この流れは当分続いていくだろう。今後、経済がどんなに悪化することがあろうとも(バブル崩壊後の日本人がそうであったように)、もう生活レベルを元に戻すことはできないのだ。私が予言した通りになりました。

日本には観光地のインバウンドの集客ならグローバル・デイリー